土地や建物は、資産価値の高い財産です。
それゆえに、トラブルの原因になることは少なくありません。
大切な財産をご家族に安心して残せるように、相続の準備をしておくことをおすすめします。

土地を分ける

相続人が複数いる場合は、一筆の土地を事前に分筆しておくことをおすすめします。土地の形状は様々です。分割してどのように相続人に分けるか遺言書に残しておくことで、争いを防ぐことができます。分筆登記には土地の測量が必要となります。また、同時に土地の地目も確認しておくとよいでしょう。

境界線をはっきりさせる

土地の境界線の目印になる境界標はありますか?

なければ早々に境界標の設置をおすすめします。
境界標の設置には、土地境界確定測量が必要です。土地境界確定測量を行うときは、隣人住民の方に境界立会をお願いしなければなりません。しかし、相手のご都合もありますから、境界標の設置に時間を要する可能性があります。

また、土地によっては数十万、数百万の資産価値がある為、1mでもお互いに境界標の認識のズレがある場合、話し合いに時間がかかることを考慮しておきましょう。

建物の登記がされているか

建物登記がされていないと未登記建物になり、家の売却や相続の際に手間がかかりますので、登記されていない場合はしておくことをおすすめします。年月が経つと必要な書類を揃えるのに時間と費用がかかり、手続きが大変です。

家を建てたときに登記を行うけれど、増築した際に建物表題変更登記を忘れてしまう方は多いです。一度、きちんと登記がなされているか確認してみましょう。

石賀登記測量事務所は福岡県中間市を拠点に、新築の家を建てたときに行う建物表題登記や増築した際の建物表題変更登記など建物の登記、土地の測量・計測などを承っています。

GPS測量も行なっておりますので、広大な土地の測量もスムーズに行えます。料金のお見積りやご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


土地の境界に係る紛争をゼロに

土地境界の測量